競馬予想YouTuberは読者を楽しませるコンテンツに重きを置いています。

競馬予想YouTuber

スマホを横にして見るひと

競馬情報を配信するメディアは多数あり、昨今注目されているのが競馬予想YouTuberです。
YouTubeであれば無料で見れますし、チャンネル登録者数・再生数・評価など信頼できる情報なのか判断するのが容易。さらに動画なら読み疲れすることなく楽しく競馬情報を入手できるメリットがあります。

 

しかし、競馬情報サイトに比べると的中率・回収率のパフォーマンスが劣り、このYouTuberの予想に乗っかれば間違いないとオススメできる方はいません。
競馬予想YouTuberは精度の高い予想よりも読者を楽しませるコンテンツ作りを重視していることを覚えておきましょう。
有名な競馬予想YouTuberの特徴をピックアップしたので、馬券購入時の参考にする価値をチェックしてみてください。

 

大根おろし

競馬予想YouTuberでもっとも有名なYouTuberが大根おろし氏です。
2020年1月現在のチャンネル登録者数は12万人で、当サイトの調査では競馬予想に特化したチャンネルで登録者10万人を超えているのは大根おろし氏のみでした。

 

予想は新聞を参考にした独自予想のほか有料競馬予想ソフトを活用していますが、的中率と回収率は高くありません。
また、最近は単勝・複勝の券種で1点買いの勝負をしています。
この人が人気を集めている要因は豪快な賭けっぷりで、結婚資金の500万円を使って大勝負したり、有馬記念で人気のない穴馬の単勝に30万円賭けたりしています。

 

読者は予想の参考ではなく、豪快な賭けっぷりを見たり大損した結果を見て楽しんでいるのでしょう。
このほかチャンネル登録者数が多い競馬予想YouTuberは全般的に派手な賭け方をしている方が多いです。

 

・チャンネル→https://www.youtube.com/user/daikonnorosi710

 

競馬オタク坂上明大

数え切れないほどの人がいる競馬予想YouTuberの中でも屈指の本格派が「競馬オタク坂上明大」です。
元トラックマンの肩書きを持っていて、データを分析して論理的に買い目や本命馬など予想の解説をしています。

 

以前は月間の回収率を公表していることがありましたが、ここ最近は結果が振るわないのか回収率などの運用データを公開しなくなってしまいました。
YouTube界では屈指の分析スキルを持っていると評価できますが、競馬新聞や雑誌など一般的なメディアで出ている情報を動画で分かりやすく解説してくれる程度の品質です。

 

・チャンネル→https://www.youtube.com/channel/UCzCa7TOgw17MxtddnTvVHtg

 

プロの馬券師は存在しない

新聞とメガネ

競馬予想YouTuberは多数いますが、安定して回収率100%を超えているプロの馬券師はいません。
勝てる予想をYouTubeで配信し続けたら、話題になって閲覧者が増加。結果的にオッズが下がってしまう状況に陥ります。

 

多くの人に見てもらえれば広告収入が得られますが、勝てる予想ノウハウを持っている方は広告料よりもオッズが下がるリスクを懸念しているのでしょう。

 

結果的に競馬予想YouTuberのレベルは新聞やブログなどと同等程度の水準で頭打ちをしています。
動画で分かりやすく競馬予想の根拠やデータを解説している方も多いので勉強ツールとしての活用はおすすめですが、競馬情報サイトのように指示された買い目通りに馬券を買うだけで利益を出したい方には向いていないメディアです。