競馬のレース賞金は騎手、馬主、調教師、厩務員の配分比率が決まっています。

競馬のレース賞金配分

円グラフを持った手

日本の中央競馬ではもっとも賞金が高いのがジャパンカップと有馬記念で、ともに優勝賞金3億円です。
1レースで3億円も手にするのは凄いことですよね?
ただし、競馬の騎手は競艇のボートレーサーや競輪選手、オートレーサーよりも平均年収が低く、動くお金が多い割には稼げない業界だと言われています。

 

競馬は騎手だけではなく馬主や調教師など関係者が多く、複数の人で賞金を配分していることが騎手や調教師の取り分が少なくなる要因です。
ちなみに、競馬で利益を出したいのであれば、馬券ではなく馬主になって賞金で稼ぐ選択肢もあります。

 

馬主は富裕層だけがなれるものといったイメージを持たれがちですが、一口馬主として数万円から数十万円程度の料金で馬主になる投資法が人気上昇中です。
今回の記事では、競馬のレース賞金は馬主や騎手などへ、どのように配分されているのか解説します。

 

賞金配分のルール

競馬のレース賞金は競馬法で以下の通り配分比率が決まっています。

馬主

80%

調教師

10%

騎手

5%

厩務員

5%

 

ご覧の通り、馬主が受け取る比率が圧倒的に高いのが競馬の特徴です。
ビッグレースで優勝して脚光を浴びるのは馬と騎手で、続いて調教師の功績が称えられますが、お金の大半は表には出ることが少ない馬主の元に入っていきます。
仮に優勝賞金1億円のG1競走で保有している馬が優勝すれば、馬主は8,000万円を受け取れる仕組みです。

 

ちなみに、テイエムオペラオー、ジェンティルドンナ、オルフェーブル、ディープインパクトなど歴史に残る名馬は、総額の獲得賞金が15億円以上あり、馬主は12億円以上を受け取っています。

 

馬主のリスク

リスクと書かれたコマ

競馬のレース賞金配分で馬主が圧倒的に高い比率を確保しているのは、馬の購入費用や維持費など損失リスクを抱えているからです。
調教師をはじめとした厩舎や騎手などの競馬関係者は、連敗が続いても騎乗や調教依頼を得ていれば最低限の収入を確保できます。

 

馬主は保有している馬が賞金を獲得しなければお金が入ってこないのはもちろん、厩舎に馬を預ける際に平均で月々60万円ほどの費用を負担しないといけません。
競馬関係者の中で馬主だけ損失リスクを抱えているため結果を残した際のリターンが大きくなる仕組みで、馬主が多くのお金を受け取って厩舎に預託料を払うことで競馬業界は成り立っています。

 

一口馬主とは

いななく馬のシルエット

昨今は個人でも手軽に馬主になれる一口馬主の注目が高まっています。
一口馬主は複数の個人が出資し合って馬主になる仕組みで、主に50~2,000口に分けた募集を行い、安い馬なら一口1万円前後から馬主になることが可能です。

 

レース賞金は口数に応じて分配されるので単独所有よりかはリターンが少ないですが、面倒な手間も一口馬主を募集する競馬クラブが代行してくれるので手軽に投資できるメリットがあります。
なお、一口馬主になる場合は、馬主になるための出資金のほか、以下の費用がかかります。

 

入会金

入会時に2万円前後

 

クラブ月会費

出資状況を問わず月々3千円前後

 

馬維持費用

馬を維持する費用、口数によって異なり月払いや前払いによる取得時一括払いなど

 

一口馬主は有名馬を多数輩出

一口馬主の募集をしている馬は、将来性が低くて富裕層が買わない馬しか回ってこないと思っている方も多いのではないでしょうか?
昨今は一口馬主を募集した馬が活躍する事例が目立っていて、一例を紹介すると以下の名馬は一口馬主でした。

 

  • オルフェーブル
  • ブエナビスタ
  • ハーツクライ
  • ステイゴールド
  • ジェンティルドンナ

 

このほかにも一口馬主を募集した馬からは多数のG1馬を輩出しています。
ちなみに、オルフェーブルの場合は6,000万円の募集額を一口150万円の40口で募集を行っていて、一口あたりの賞金は3940.5万円でした。
G1を勝てる馬になれば回収率1,000%超えをすることも珍しくなく、大活躍しなくてもデビューして相応の戦歴を残せば出資額の大半を回収できます。
競馬で大きな夢を見たい方は一口馬主になることを検討してはいかがでしょうか?

 

競馬で勝ったお金の使い道はどうする?金額別に紹介