競馬において自力予想で勝ち続けるには、ルールを破らないというメンタルコントロールが重要です。

自力での予想とその限界

 

個人でも競馬を極めて馬券生活を送っている人はたくさんいます。
しかし、個人単位の自力予想で成功するには、相応の労力をかける必要があり、生活費をすべて馬券で工面するにはまとまった軍資金が必要です。

 

デスクトップパソコンの画像

自力予想で成功する人は、長年の経験を積んで目利きや独自分析による予想スキルを磨く方法と、コンピューターを使ったシステム予想を活用する2つのパターンがあります。
予想スキルを磨くには、新馬戦や条件戦から本気の予想をして競走馬を追いかけていくことが大切です。
G1などのビッグレースだけを過去の競走実績やデータなど新聞の文字を見て買うのではなく、過去にどのようなレースをしていたか?馬の性格、特性などを頭の中に入れて次のレースの予想に活かしていくことが大切です。
コンピューター予想はJRAーVANのTARGETという公式データを自動取り込みできるツールの普及で個人が実践するハードルが下がりました。
既存のソフトを使って利益を出せる場合もありますが、常にデータのバックテストを繰り返してロジックの修正をしていく必要があります。
どちらにしても、自力予想で利益を出すには、努力が必要があります。

 

自力予想で期待できる回収率

 

実際に馬券生活をしているプロの予想師でも、自力予想でできる回収率は長期的に見て110%あれば良い方です。
馬券生活者の場合は、堅実な運営で大きな軍資金を確保し、馬券購入単価を高めて生活できる利益を確保しています。

 

システムによる自動売買で大きな利益を出して競馬裁判に発展した卍氏という有名人物がいましたが、1レースあたりに数百点の買い目で最大2千万円以上の投資をしていたことで話題になりました。
馬券生活者は回収率を高めることに限界があるので、軍資金を増やして勝負をしています。

 

勝てるノウハウだけでは儲からない

 

自力予想と競馬情報サイトの利用に共通したことですが、競馬で勝ち続けるためにもっとも重要なのはメンタルです。
勝てるノウハウがあっても、メンタルが弱くて決めたルールを破ってしまえば大きな損失を出します。

 

どれだけ素晴らしい予想でも100発100中で利益を一方的に伸ばすのは困難で成績には多少の波が出ます。
損失が出た時や利益が伸びなかった時にも、冷静に勝てると見込んだ投資法を続けられる人や手法の見直しをできる人が成功します。

 

簡単なことのように見えて、これを実践するのは非常に困難です。

 

株、FX、仮想通貨にも同じことが言えて、チャート分析など勝てるノウハウを身に付けるのはそれほど難しくないですが、95%以上の人が損をしていると言われています。

 

特に損を出したり、思惑通りの展開になったのに慎重になって少ない利益しか出せなかった時は、感情的な投資をして失敗しやすくなります。

 

自力投資に比べると、競馬情報サイトを利用すれば配信される情報を信じて買い目通りに馬券を買うだけなので、メンタルの問題で損失を出すリスクを少なくできます。

 

目指す形による

 

自力での予想でも努力をすれば利益を出せます。
競馬をやる人の大半は、趣味でレース直前に新聞の情報やオッズを頼りに適当に馬券を買っています。
こうしたライバルに対して、時間をかけて予想をして経験を積んだり、精度の高いシステム予想を駆使すれば回収率100%を超えることは可能でしょう。

 

しかし、軍資金が少ないと労力に対して期待できる利益はごくわずかです。競馬が好きで予想することが楽しく、少しでも利益を出せればいいと思っているのであれば、こうした形でもいいでしょう。
自信を持って運用できるシステムを作ったり、既存システムの検証を行い、最初から数百万円単位の予算をつぎ込めるのであれば、コンピューター予想をオススメできます。

 

数万円の軍資金を少ない労力で数十万円、数百万円と増やしていきたいのであれば、自力予想では絶対に実現しないパフォーマンスを出している競馬情報サイトを利用するしか方法はありません。

 

競馬情報サイトは無料登録できるところも多く、無料情報だけでお小遣い稼ぎをできるサイトも存在します。
外部の口コミサイトを参考にするなどして、自分と相性の合う競馬情報サイトに出会うことが大切です。

無料登録と無料情報